エレベーターで快適に過ごそう!メンテナンスを定期的にしよう

丁寧なメンテナンス!安心安全なエレベーター

家の中にあると便利

一軒家を改装やリフォームを考えている方はいますか。家族の中に高齢者や身体の不自由な方がいる場合、いす階段昇降機やホームエレベーターが設置されていると非常に便利です。それぞれどのような違いがあるか比べてみました。

いす階段昇降機とホームエレベーターの比較

いす階段昇降機

いす階段昇降機は新築やリフォームしなくても、階段に設置することができます。建物に手を加えることはないので、ホームエレベーターよりもコストは安いです。

ホームエレベーター

既存の建物にホームエレベーターを設置する場合、スペースを確保するために大規模な工事が必要です。そのため、 いす階段昇降機よりも費用は高くなります。

エレベーターで快適に過ごそう!メンテナンスを定期的にしよう

エレベーター

エレベーターの待ち時間

大きなオフィスビルやホテルは、複数のエレベーターが導入されています。利用者が、乗り場のボタンを押すと、もっとも近い階に最短時間で割り当てられるようになっています。エレベーターをよく利用する時間帯には、自動的に人が多いフロアへ回想されるように設定されており、待ち時間を短縮しています。

低めに設定されたボタン

小さなお子様や車椅子の方でも、ボタンを押しやすいように設定されています。また、車椅子専用のボタンを設置しているエレベーターもあります。これは、車椅子が動きやすいように扉が長い時間、開いていたりしていろいろな面で工夫をされています。

ボタンの工夫

新しいエレベーターのボタンは、誰でも押しやすいように設定されています。目の不自由な方にも数字を点字にしたり、操作の結果を音で確認できるように機能性を高めています。もちろん、トラブルや危険があった場合でも、非常用ボタンがついて、すぐにエレベーターメンテナンス管理会社へ繋がるようなシステムになっているので、安心です。

広告募集中